ピーチの利用で気をつけるべき点は?知っておきたいLCCピーチの注意点!

一昔前であれば高価な移動手段というイメージが持たれていた飛行機も、時代の移り変わりの中でLCCと呼ばれる格安の航空券によって気軽に利用ができるようになっています。

そんな数あるLCCの中で値段の安さと快適さで人気が高いのがピーチです。そこで今回はピーチの利用で気をつける注意点についてご紹介します。

事前のバーコードの用意を忘れない

飛行機の搭乗チケットといえば空港に設置されている専用の機械を操作して自身で印刷をするのが一般的です。一見すると簡単そうに見えるこの手続きは、人によって機械の操作がわからずに頭を悩ませてしまう人も少なくありません。

その点ピーチではこういった煩わしい機械の操作も必要なく、予約時に自身の端末に届いたバーコードを機械にかざすだけで済む気軽さが特徴となっています。しかし、ここで注意をしなくてはいけないのが手続きのミスによるバーコードの紛失です。

ピーチでは予約の段階で何かしらの不備があった場合、手続きをしなおす度に新しい予約メールが届く仕組みとなっています。中には複数回の手続きのやり直しをしている間に必要なバーコードの記載されたメールを誤って削除してしまうケースも珍しくありません。

前述したようにバーコードは搭乗手続きに必須となるので当日空港で慌てないようにしっかりと管理をしておくことが大切です。

機内に持ち込める手荷物の数と量を把握しておく

飛行機の搭乗において気になるポイントの一つが機内への手荷物の持ち込みです。この持ち込める荷物の個数について各航空会社によって若干異なり、ピーチ航空では1人2個までとなっています。

ここで注意しなくてはいけないのが荷物の定義についてです。何を手荷物とするかは航空会社の判断となるので、仮に自分では荷物だと思っていない物でもカウントされてしまうことがあります。

中には雨が降っていたことで使用していた傘が手荷物と判断されて個数オーバーとなってしまうという事例も少なくありません。もし個数をオーバーしてしまうと追加料金を支払って預かってもらう形になるので注意が必要です。

そして個数と同様に気をつけなくてはいけないのが荷物の総重量になります。ピーチでは荷物の総重量は10kgまでと決められていて、こちらも規定をオーバーしてしまうと別途料金を支払って預かってもらわなくてはいけません。

追加料金が発生しないように事前の確認をしっかりとしておく

今回挙げた注意点の中でも特に荷物の重量や個数は重要なポイントになります。せっかく格安で航空券が用意できても本来であれば不要な追加料金を支払うことになってしまっては意味がありません。

そうならないためにも、事前に持ち込む手荷物の選択や重量についてしっかりと調べておくことが大切です。

ピーチ

関連記事:

格安航空券 購入 タイミングTOP