格安航空券の購入タイミングはいつ?人気のlccを手に入れよう!

「格安航空券なんていつも同じ値段だろ」と思っていませんか。でもそんなことはないのです。購入タイミングを間違えたら高くもなりますし、うまくいけばかなり安く利用できるので、ここで格安航空券の購入タイミングを知って、便利に飛行機を活用しましょう。

種類別!格安航空券の購入タイミングを知っておこう

大手航空会社から直接購入する航空券だってタイミングを選べばかなりお得に航空券が手に入りますよね。格安航空券だってそうなのです。そこで、種類別に格安航空券の購入タイミングについて知っておきましょう。

インターネットで格安航空券を購入するタイミング

今最も旅行を予約する術として主流となっているのがインターネットでしょう。格安航空券の購入をする場合には、これを使ってよりお得に格安航空券を購入しようとしている方が多いと思いますが、この購入タイミングはいつなのかというと、やはり、ローシーズンがおすすめです。

キャンペーン価格が適応されなくても、ローシーズンの場合は、基本料金が安くなるのです。連休がない時期は当然のことながら、連休といっても、まだそこまで定着していない、シルバーウィークや普通の3連休の場合(初春や秋は子供たちの長い連休もあまりないので搭乗率が低くなります)は、狙い目です。

空席も多くて値段も安くなりますが、注意する点は、連休の最終日や1日前に帰着したい人は多いので、追加料金が取られます。そうならないよう、その日にちをずらすということが、より安く格安航空券を購入できるポイントです。またこの時期はLCCでよくキャンペーン価格を発信しているので、それも格安航空券の購入タイミングといえます。

旅行会社を使って格安航空券を購入するタイミング

旅行会社に格安航空券を頼むというやり方もいまだに主流です。そもそも、旅行サイト(日本の物)で格安航空券を見つけた場合、すべて、旅行会社ごとに値段が提供されているので、各旅行会社に最終的には連絡を取らなければいけないからです。

この際の格安航空券の購入タイミングですが、空きがあったらすぐに購入するのが1番です。旅行会社が提供する格安航空券の価格というのは、基本的には変化がありません。ですので、早めに予約・購入ができる状態であれば、そうした方が、格安航空券を安く購入できるタイミングだといえます。

特に、ハイシーズン(年末年始やゴールデンウィークが絡む時)は、すぐに格安航空券が売り切れますから、予定をフィックスさせて(これが無駄な費用をかけない1番大切なことです)、早く予約・購入をするのがタイミングとなります。

また、旅行会社の場合、大手であれば、航空会社が使っている端末(システム)を必ず持っています。それによって、予約を前もって取り押さえてもらうことができるので、半年以上前の航空券を押さえてもらい、購入しておけば、確実に他の格安航空券よりも安く購入できるので、やはり早め早めの予約が購入タイミングです。

格安航空券の購入は自分でやろう

長期休暇での帰省、リフレッシュで旅行、仕事の出張に研修に、遠方の友人や親戚の結婚式、法事にと日本のイベントには何かと長距離移動がついて回ることも多いでしょう。
しかし、安いバスや新幹線を使うのは時間がかかるし乗換が面倒で疲れる、だけど飛行機はやっぱりお金がかかるしというのが利用者にとってのジレンマですね。
しかし、そんなお悩みをお持ちであればここは格安航空券を用いて見てはどうでしょうか。


格安航空機が日本でも増えてきている

日本の航空機のイメージは、サービスがいい代わりに高いというものがありました。
実際そのイメージは現実にあったものですし、今でも大手航空会社を利用すればそのイメージに限りなく即したものになっていると言っても過言ではないでしょう。
しかし、海外では当たり前だった格安航空会社が日本国内でもここ数年の規制緩和によってどんどん台頭してきていますね。
移動時間はあまりかけたくないけど、お金も節約したい、そんな人には是非とも格安航空会社を利用することをおすすめします。

格安航空券を手に入れるには

格安飛行機チケットを手に入れるには、いろんな手段がありますが基本的にはやはり自分で購入するのがいいでしょう。
旅行会社や代理店を通すと、確かに確実に手に入れることはできるし面倒な手続きだとかは自分でしなくてもいい、というメリットこそあるのですがその分手数料などが発生してしまいますので、折角節約するために格安航空チケットを手に入れようとしているのに手数料を足してみればあんまり大手の航空会社と変わらない、なんてことになることもあります。
なので、格安航空チケットの購入は自分でやることをお勧めします。

自分で格安航空チケットを購入するには

基本的にはやっぱり、航空会社と直接やり取りをするのが一番ロスがなくて便利ですね。
今は、インターネットを使えば航空会社のチケットを予約することができますので、購入自体はそれほど難しいことはありません。
ただ、インターネットで格安航空チケットを購入する場合はどうしてもプリンターなどが必要だったりして、実際にそれを空港にもっていき、それで認証してもらって航空チケットを発行してもらうというような手続きが必要なところもあるんですね。
なので、事前に手続きをしてその手続きをした証拠を忘れないように持っていかなければいけないなど、手続き以外にも自分でやることが増えてしまう、という面があります。
とは言え、それ自体は忘れないように持っていくだけでいいのでそれほど大した手間ではないでしょう。
紙一枚の荷物が増えたところで大した負担にはなりません。

比較サイトで購入する

他にも、最近インターネットでは各航空会社のチケット購入をする際の値段比較をすることができるサイトが沢山出来ています。
目的地と出発地から、かかる時間や指定時間の前後の便の指定などをして席の指定などの条件を入れて値段を検索し、比較することができるので激安なチケットとそうでないチケットの値段の差が一目瞭然になります。
そのサイトからも、普通に航空チケットを購入することはできますので、手続きなどもまとめて出来るので非常に楽ちんですね。
ただ、こちらの場合は旅行代理店などと同じく手数料がかかってしまったりします。
とは言え、こちらの場合はそれほど手数料も大きくないですし一番安いお得な航空チケットを購入することができれば結局、総合的な比較をすれば値段的には倹約出来た、という風になることが多いので遣うメリットは沢山あります。
他にも、キャンペーンなどをチェックすることもできるのでもっと安い時期やもっと安い日取りなどを探すこともできるため、それで日程を変えたりするのもいいでしょう。

まとめ

格安航空チケットを、より安く利用するためには自分で情報収集をし、自分で手続きをするというのが鉄則です。
やや面倒に感じるかもしれませんが、今はインターネットを利用すれば個人でも結構手軽に航空チケットの予約、購入をすることができます。
航空チケット代が浮けば、その分浮いたお金で別のところでちょっとしたぜいたくをすることもできます。
やっぱり、旅行にしろ帰省にしろ普段いかない場所に行くならその土地の名産などを楽しみたいですよね。
メインはそちらなのですから、お金もそちらに出来るだけ回せるよう移動費を削減できる格安航空チケット購入はお勧めの方法です。